梅雨の季節|英検面接終了!

子供英語
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日、日曜日は英検面接を受けてきた方が多かったと思います。

おつかれさまでした!

天候が悪い中、大変だったと思います。

おつかれさまでした。

試験ですので、合否結果は出ますが、合格していても奢ることなく、淡々と次のステップに進み、不合格であっても、気にせず、弱い部分を知ることができたと捉えて、そこを強化していけばいいだけです。

何があっても、粛々と前に進むだけです。

梅雨の季節は、アウトドア活動が制限される分、インドアで過ごす時間が増えます。

夏本番となれば、海や山、それにキャンプなどをたのしむことができますので、今のうちに、英語学習を進めておくことをお勧めします。

今年は、コロナ禍で、存分に野外活動をたのしめないかもしれませんが…。

とまれ、最初は、ある程度集中して取り組むと効果的です。

皿回し

大きなお皿を回す、皿回しのように、英会話は、回り始めるまでは、力が要ります(時間がかかります)が、一旦、回り始めてしまえば、後は、定期的なメンテナンスで、維持していけます。

反対に、簿記の勉強などは、小さなお皿を回す、皿回しに例えられます。毎日、クルクルこまめに回していないと、お皿は、すぐに、落ちて割れてしまうのです。

簿記の問題と言えば、例えば、資本連結の3期分を1ヶ月も解かなければ、同じ問題を見た瞬間、フリーズしてしまうでしょう。

特殊商品売買の問題も、毎日解くことで、お皿を、クルクル回さねばなりませんし、転換社債などの個別論点も定期的に潰しておく必要があります。

それに比べれば、英会話の勉強の何と穏やかな事か…。

但し、最初は、少し、大変です。

お皿が大きいため、最初の回し始めの時に力が要ります。

折角、インドア生活を強いられる、梅雨の季節ですので、思いっきり、英会話のお皿を回してみてはいかがでしょうか?

英会話の皿は、最初の半年間で勢いよく回してしまい さえ すれば、後は、惰性で回ります。

平日2時間、土日8時間を半年間。

ココが、一番大変です。

でも、これを無事に通過してしまえば、後は、メンテナンス程度の皿回し。

多くの日本人ができないコトを、できるようになるのですから、簡単ではありません。

another-distant-world

でも、最初の半年間の大変さが、半永久的に続くものではないと分かっていれば、続けられるでしょう。

最初の一歩を踏み出す勇気さえ、あれば…。

最初が、頑張り時、踏ん張り時です。

覚悟を決めて、長雨の季節を有意義に過ごしてみては いかがでしょうか。

ほとんどの人が見たことのない景色を、自分の目で見ることができるようになります。

next-door-yard

英語を話せる世界は、遠い世界…

のように 思えて、でも 実は、辿り着いてみたら、隣の庭くらい近かった、と 分かるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました