子供 英会話

子供英語
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

みなさんは、子供の頃から、英語を学ぶことが必要だと思いますか?

結論として、英語の早期教育は「諸刃の剣」なので、気を付ける必要があります。

子供と英語

わたしの英会話クラスに来る生徒の半数がキッズ(幼稚園児/小学生)です。

英語だけで意思疎通できる子もいます。

帰国子女もいますし、インターナショナル幼稚園・小学校の子達もいます。

もちろん、日本の保育園・小学校に在籍中の子達もいます。

英語を流暢に話せる子達にレッスンしていると、彼ら(彼女ら)は、英語でコミュニケーションを取ること自体を楽しんでいて、講師側から見て、勉強している感じを受けません。

ごく自然に、会話することを楽しんでいるので、母国語を習得する過程に似ています。

反対に、英検等の試験のための勉強となると、構えてしまう子が多いように思います。

そんな場合でも、リラックスして、興味を持ってもらえるようにレッスンすることが、講師の役目だと考えています。試験という目標がある場合、合格のためのテクニックも教えますが、それ以上に、英語でのコミュニケーションを楽しんでもらい、英語を好きになってもらうことも、大切だと考えています。

母国語を習得するプロセスと 同じ過程を踏むことができるという意味で、幼児~小学生から、英語に触れることには、意味があると感じています。

但し、試験合格のみが目的になってしまい、いわゆる「試験勉強」になってしまうと、英語をという教科を嫌いになってしまう虞(おそれ)があります。英語を教科としてではなく、コミュニケーション手段として、無意識に話すことが理想だと思います。

キッズ英検

近年では、英検の受検/合格 が、低年齢化してきています。

小学生のうちに、2級に受かることも珍しくありません。

中には、準1級に合格してしまう小学生もいます。

しかしながら、これは、諸刃の剣です。

子供が英検合格という成功体験を糧に、英語を好きになり、続けていくことで、自発的に英語を学び、得意になっていくケースがある反面、勉強として、過度に追い込まれて、嫌いになってしまうケースもあるからです。

ここは、親御さんと講師で、フォローしていかなければ ならない部分です。

そもそも、2級であれば、高校生くらいをターゲットにした内容ですし、準1級であれば、大学生くらいをターゲットにした内容を問われます。

小学生に、Job fairは「就職説明会」だよ、と教えても、「何、それ?」となります。

小学生のうちに、無理に、英検に合格しなくても、別の手法で、英語能力を伸ばしていくという選択肢もあります。

まとめ

大人と異なり、子供の場合は、母国語を習得するのに似た過程を経て、英語をマスターできます。

これこそが、子供のうちから英語を学ぶメリットです。

しかしながら、子供 本人の意思を無視して、過度に「勉強」という形で、押し付けてしまうと、その後の成長に悪影響を及ぼす虞があります。

子供の英語学習は、「諸刃の剣」であるということを、親御さんには、十分理解して頂きたいと思っています。

そうは 言うものの、子供の頃から、英語に触れられることのメリットは、計り知れません。

「子供の頃から、英語の英才教育を受けていれば、今頃、英語が話せたのにな…」という大人の方も、心配 要りません。

英語は、何歳からでも、話せるようになります。

正しい訓練を、継続していけば。

それでは、また!

NC(Native Camp)なら、1週間無料体験

DMM英会話なら、2回無料体験

ビジネス英語なら、Bizメイト

ネイティブ講師なら、Cambly

カラン・レッスンなら、QQイングリッシュ

外資系転職なら、en world

管理職の転職なら、MS-JAPAN

コメント

タイトルとURLをコピーしました