英会話学習を早く始めた方がいい理由

英会話
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、英会話(英語)学習を始めるのは、いつが最適なのかを考察します。

国際化の進展

上場企業の海外売上比率は約7割となっており、既に、国内マーケットから、海外へと軸足が移っています。

多くの企業は、海外子会社・関連会社を抱え、現地駐在員はもちろん、本社従業員もまた、現地スタッフと、日々のコミュニケーションに英語を用いることは、珍しくありません。

中小企業でさえ、ECに強い関心を持ち、直接的・間接的に海外取引を行っています。

日本の人口が減少傾向にあり、少子化の流れに歯止めがかからない以上、この流れは加速するでしょう。

日本語は、日本人同士でのコミュニケーションに欠かせない言語ですが、わが国の人口減少により、日本語話者の数は減少の一途を辿ります。

昭和の時代は、GDP世界第2位の経済大国であると共に、国内マーケットも右肩上がりの成長を遂げていましたから、日本国内での経済活動のみで十分な側面がありました。

しかし、令和の現在、GDPは中国に抜かれ、人口減少に歯止めがかからず、少子高齢化により、経済の担い手が不足して、年金受給者を十分に支えられない状態に陥りつつあります。

残念ながら、どうあがいても、日本国内だけに執着していては、明るい未来が見えないように感じます。

英語は、英米加豪乳のようなネイティブ間のみならず、国際語(Universal language)として意思疎通に用いられており、この傾向はしばらく変わらないでしょう。

世界三大投資家のひとりジム・ロジャースは、将来、この国際語としての役割を北京語(中国語)が担うと主張していますが、特に明確な根拠を示しておらず、可能性という意味では否定できないというレベルに留まります。

しばらくの間は、引き続き、英語が国際語であり続けるでしょう。

インターネットの発達

インターネットの発達は、めざましく、そこでの公用語は、英語です。

日本語以外で情報収集できないのであれば、偏向情報にアクセスすることになります。

アクセスする情報の質と量が重要であり、更に、それらを取捨選択する能力が重要です。

重要事項について、日本語で情報発信しているサイトの量が少ないということ、及び、概して質も低いという傾向があるように感じています。

これは、あくまで、個人的感想です。

重要事項が、個人により相違するので、近所のスーパーマーケットの特売情報が重要であれば、日本語サイトで十分ですが、Googleの規約にアクセスしたり、世界経済の動向をウォッチするには、日本語情報では、タイムラグがあったり、内容が不十分であったりします。

日本語しかできないことのネガティブな面を見ていくと、英語で情報収集できることのメリットが浮き彫りになります。

COVID-19

コロナ禍で、時間が取れる今を逃す理由が見つかりません。

チャンスの神様には、前髪しかないと言われます。

前髪を掴み損ねれば、後ろから捕まえることはできません。

始めるなら、今、できる限り早く。

また、コロナ禍で、海外売上がダメージを受けている企業が多数存在します。

現地へ赴くことができない今、手をこまねいて、遠隔で指示出しをしていることでしょう。

コロナ禍が明けたら、即海外で活躍できる場も待っています。

これが、英会話学習を始めるなら、今しかない、と思う根拠です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました