仕事で、英語が必要になった!?

英会話
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

題名のような状況に陥ったら…。

3ヶ月あれば、十分!

「仕事で、英語が必要になった!」ら、チャンスだと、捉えてください。

人間は、必要にならないと… or 追い込まれないと…、なかなか行動に移せない生き物です。

突然辞令が下り、「3ヶ月後に、米国子会社に赴任してくれ」と言われたら、ラッキーだと思ってください。

3ヶ月あれば、英語での(最低限の)コミュニケーション能力を携えて、渡米できます。

後は、現地で頑張ってください。

以下、友人(A君)の事例です。

海外赴任は突然に!?

A君のスペックは、中堅の四年制大学卒で、英語は普通に学校英語を習ってきたのみ。

TOEICなどの受検経験はなく、技術者として、米国子会社の工場へ赴任して欲しいと言われ、1年ほど前、わたしに相談してきました。

1年ぶりに、彼から連絡が来たので、その後の様子を聞きました。

結果として、渡米前の3ヶ月の準備期間で十分だったそうです。

渡米後は、大変ではあるものの、渡米直後よりも、格段に英語力がUPしていることを実感できている、とのことでした。

私の見立てでは、赴任前にTOEICを受検すれば、450点前後といったレベルでした。

ただし、A君には、20年間携わってきた技術関連知識があり、その多くがカタカナではあるものの、英語由来の言葉だったことは、彼の仕事でのコミュニケーションの手助けになっています。

3ヶ月間、何をしたのか?

短期集中で、英会話をできるようになるために、彼に提案したのは、以下のメニューです。

  • 平日、毎日2時間ネイティブ・キャンプでレッスンを取る。
  • 休日、毎日8時間ネイティブ・キャンプでレッスンを取る。

以上。

英会話は、話すという作業です。

したがって、話さねばなりません。

毎日、来る日も来る日も、話す、話す、話す。

それだけ、です。

三単現のsや複数形のsなど、気にしなくていいのです。

文法的に、誤った英語を話しても、気にしてはなりません。

これらを、いちいち修正していたら、「話す」練習になりません。

「話す」練習をしているうちに、三単現のsも、複数形のsも、きちんと言えるようになります。

最初から、完璧な文章を作って、それを話そうとしていては、単なる英作文です。

英作文と、英会話は、根本的に違います。

日本語で考えて、日本文を作り、英訳する、という過程を辿りません。

言いたいことを、平易な英語表現で言うのです。

海外赴任が決まっていなくても、ネイティブ・キャンプ(NC)で、レッスンを取れば、同様の効果を得られます。

ただ、追い詰められないと、三日坊主で終わってしまう可能性もあるのが、難しいところです。

ともあれ、始めないことには、半永久的に英語を話せるようにはなりません。

取り敢えず、始めてみてはいかがでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一億人の英会話 [ 大西泰斗 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/5/10時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました