一億人の英文法

英会話
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、名著「一億人の英文法」を紹介します。

日本人全員 一億人に届けたい。

著者の大西泰斗ポール・クリス・マクベイ両氏による、悩める日本人全員に届けたい!

そんな 思いが込められた題名です。

私のクラスにも、英文法が大好きで、イレギュラーな英文ばかり見つけては、熱心に質問してくる生徒達がいました。

その都度、説明するのですが、その場で理解して、終わり。

もちろん、全く上達せず、英語は話せずじまい。

このやり方では、一生話せるようには なりません。

反対に、英文法など 意に介さない小学校低学年までの子供たちは、すぐに話せるようになります。

自然な流れの中で、語学を習得しているからだと思います。

ここには、日本の英語教育の問題点が顕著に現れています。

それでは、英文法は無駄なのでしょうか?

そうではありません。

複雑な文章を読み解いたり、英会話のレベルが 上がるにつれて、文法知識は役立ちます。

幼稚園から小学校低学年までであれば、耳で聞いて、フラッシュカードを見て、イメージを言葉にすることを繰り返して、しゃべることを覚えます。

これが自然な言語習得の過程です。

しかしながら、大人になってから、同じ過程を辿れるかと言われれば、多くの人には難しいでしょう。

中学文法をマスターしている人向け

幼児のように、親や先生が言うことを、オウム返しで、真似ることを繰り返すことができれば、大人でも、自然な流れで英語を話せるようになるでしょうが、現実的とは言えません。

反対に、高校生以上であれば、既に、中学3年生までの文法をマスターしているものとして、この知識を土台に、英語を話すことに活かせないか?

そんな視点から生まれた「一億人の英文法」は、日本の英語教育の犠牲になりかけた多くの人たちにとって、救世主となります。

「話すため」に特化したスタンスで「英文法」を捉えるのです。

日本の学校教育で習う「英文法」は、成績の優劣をつける道具 として使われ過ぎました。

いくら英語の成績がよくても、英語を話せないという無駄な努力をさせてきた元凶とも言える「英文法」ですが、折角、英文法の基礎を、ある程度マスターしたのですから、これを無駄にしたくはないでしょう。

新しい切り口で、英文法を説明してくれる本書に導かれることで、従前の文法知識の上に、話すための技術が身に付きます。

反対に、中学英語さえ、全く覚えていない方には、推奨しません。

そういった方には、また、別のアプローチがあります。

中学英語までは、ある程度マスターしていて、これを無駄にせず、英会話を楽しみたいという、日本人に 比較的 多いと思われる層をターゲットに書かれた本です。

「一億人」というより、感覚値で「300万人」くらいが、ターゲット・ユーザーだと思います。

自分が、この層に入っていると思ったら、一読の価値があります。


一億人の英文法

CDもあるので、隙間時間を有効活用できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一億人の英会話 [ 大西泰斗 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/5/10時点)


二匹目のドジョウを狙った一冊!

英文法に疲れたら、フリートークでリフレッシュ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました