【質問】日本語を、瞬時に英訳する方法は?

English conversation 英会話
They are talking in English.
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、英会話中に思いついた「日本語」を速やかに「英語」にできない という悩みに答えます。

日本語を英語に翻訳して話す方法

What should we do to translate from Japanese into English immediately?

残念ながら、そんな方法は ありません。

でも、大丈夫。

もっと、簡単な方法で「英語を話せる」ようになりますから。

英会話中に、日本語を先に思いつき、それを、丁寧に英語にしていく。

この方法は、紙に書く英作文で あれば、間に合います。

しかし、英会話では瞬時に受け答えしなければならないため、間に合いません。

最初は、思いついた 単語の羅列で構いません。

次に、ある程度まとまった文節表現を、自分の中にストックしておいて、それを使います。

更に、そのストックの一部(の単語)を変更して、別の表現も言えるようにしていきます。

単語の羅列

Talking in each word is enough since everybody is beginner at first.

ビギナーの方が、最初から、綺麗な英語表現を披露できるはずがありません。

もし、綺麗な英語表現を使うビギナーがいたら、それは、ライアン鈴木ドッキリ仕掛け人)です。

日本には、外来語が多く入ってきており、これらの多くが英語に由来しています。

時折、フランス語(e.g.,オマージュ)やドイツ語由来のもの(e.g.,アルバイト)も混じっていますが、気にすることはありません。

一発で、通じなくても、いいんです。

知っている外来語を並べて、並べ替えて、何となく意思疎通を図る。

会話の半分も理解できなくても、たのしく雰囲気でいきましょう。

ここで、キチンと話さなきゃ!となってしまい、うまく話せず、凹んでいる場合ではありません。

何度も言いますが、最初は、全員ビギナーなんです。

できなくて、当たり前。

ビギナー脱出

大抵の人達は、難しい競技に手を出した時、できるようになる前に止めてしまい、その競技の真のたのしさを知らずに終わってしまいます。

…なんて、勿体ない。

でも、その反面、「その気持ち」よ~く、わかります。

全然、できないと、つまらないですから。

そこで、その先に、英語で楽しく会話している自分をイメージしてみてください。

イメージできることは、実現できるんです。

信じてください。

本当です。

いや、それ以上になります。

具体的には、最初のうちは、テキストのあるレッスンを受けることです。

その中で、使えそうなフレーズは、レッスン中に何度も言ってみる。

数回復唱してみた くらいで、暗記なぞ、できません。

でも、そのテキストを、何度でも繰り返してみてください。

暗記してしまう程に。

学校英語の悪い癖で、教科書をどんどん進めていくことは止めましょう。

何度も、同じところを、繰り返していいんです。

そのため、習得に時間がかかるんです。

公文式は、正しいのです。

「理解した」止まりでは、発話(はつわ)できません!

「スッと言える」ところまで、繰り返しましょう。

英検1級かつTOEIC(L&R)960の実績があり、実務で英語を使用しているKero sukeさんにも、共感頂いています。

試験で好成績を収めると同時に、実際に英語を話すコトができる「日本育ちのバイリンガル日本人」には、ほぼ共感して頂いています。

なぜなら、多少の違いはあっても、皆 同じところで、躓(つまづ)き、悩み、克服して現在に至っているから。

自分の中のストック

Stocks of phrases are useful to talk in English.

ここまで来ると、自分の中に お得意のフレーズが、いくつもストック(蓄積)されているでしょう。

その一部をモディファイ(ちょい変更)しながら、色々な表現を、実際に言ってみてください。

話す練習なので、嘘でも何でもいいんです。

What do you do? (お仕事は、何ですか。)と訊かれたら、

「わたしは、医師で、昨晩は徹夜のオペ(手術)をしたので、とても、疲れている。」

と言えば、講師は、「それは、大変でしたね、ドクター!」と労(ねぎら)ってくれるはずです。

但し、その後、医者キャラで通すのが大変かもしれません。

定型表現を覚える。

「わたしは、短気です。」と言いたい時、「短気」って、どういうんだろう?と日本語から英語に訳そうとしては、なりません(参考:short temper)。

ストックしてある、言い易い表現の中から、適当に言ってみる練習をしましょう。

I get angry easily. (わたしゃ、すぐ怒るんだよ。)

で、十分です。

Memorize typical phrases.

どうしても、気になるのであれば、その場で、辞書を引きましょう。

オンライン上にある無料辞書(英辞朗WeblioOxford dictionaryなど)が便利です。

I have a short temper.

っていうのか…と、覚えればいいのです。すぐ忘れますが、それでいいのです。

よく使う表現は、何度も、忘れては、覚える行為を繰り返し、自然と身に付きます。

あまり使わない表現は、無理に覚えなくてもいいのです。

逆に言うと、覚えた表現が、必要な表現なのです。

毎日2時間

気負わず、平日毎日2時間くらい、休日はエンドレスで5時間~8時間くらいこなせば、3ヶ月後には、自然と話せるようになっています。

でも、まだまだ、変な英語です。

これを半年間続けると、かなり まともな英語に変わってきます。

こうした体験をしている人は、一人や二人ではありません。

ネイティブキャンプなら、月額¥6,480で無制限にクラスを受講できますから、このダラダラ英会話が可能です。

他のオンライン英会話スクールであっても、毎日2コマ(50分)コースや予習復習を自分できちんとやることを前提に、効果を得られるでしょう。

最初は、通じなくて、うまく話せなくて、辛いと思います。

でも、ある程度 話せるようになってくると、きっと、楽しく続けられるはずです。

英語を話せるようになった自分に、半年後、会ってみませんか?

NC(Native Camp)なら、1週間無料体験

DMM英会話なら、2回無料体験

ビジネス英語なら、Bizメイト

ネイティブ講師なら、Cambly

カラン・レッスンなら、QQイングリッシュ

外資系転職なら、en world

管理職の転職なら、MS-JAPAN

広範囲な転職情報を網羅するDODA

プログラミング習得ならCode Camp

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました