いっそ、留学。

英会話スクール
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

英語を話すために、環境を変えてしまうのも、手です。

セブ島留学

英語を話せるようになるには、続けるコトが、大切です。

しかし、日本に居ながら、毎日続けることは 難しいという方もいるでしょう。

日本にいる限り、今の生活があり、所属しているコミュニティからの誘いや、さまざまな誘惑があり、「今日は、まぁ、いっか。」と、中断してしまうことも多いでしょう。

かと言って、いきなり 1年間の留学は、むずかしい。

そんな方に、オススメなのが、日本から近くて、渡航費・滞在費も安価なフィリピン留学です。

短期間の留学で、すぐに話せるようにはなりませんが、キッカケとしては、非常に有効です。

短期留学を経て、本格的な1年間/4年間の留学を決意して、準備に取り掛かるキッカケになります。

短期留学で、モチベーションが上がり、オンライン英会話を毎日続けられるようになります。

短期留学が基で、総合商社や外資系企業への就職を強く意識するようになるかもしれません。

そうした、総合的な英語に対する 取り組み方の変化をもたらすという意味で、短期留学は、オススメできます。

短期留学を経験して、自分には 合わないと思えば、それも、貴重な経験になります。

日本の安全や水のおいしさや、高度に整ったインフラの有難みを再認識するかもしれません。

オンライン英会話が、英会話業界に価格破壊をもたらした元凶は、フィリピンの物価の安さです。

実際に、渡航してみても、物価の安さに驚くと共に、国民の英語教育水準の高さに驚くはずです。

フィリピンの中でも、特に、セブ島は、大小さまざまな英語学校が林立しており、競争原理が働いて、サービス品質も高く、自分に合った学校を探しやすいと思います。

まとまった休暇が取れるようであれば、一度、チャレンジしてみては、いかがでしょうか。

アメリカ・カナダ・ニュージーランド・イギリス

フィリピンに比べると、高価なアメリカ等、英語を母国語とする国への留学については、新進気鋭のベンチャー企業が、チャレンジングな価格設定で、サービス提供しています。

例えば、スマ留の1週間 短期留学であれば、

  アメリカ     \177,000

  カナダ      \138,800

  イギリス     \166,000

  ニュージーランド \149,000

といった価格設定に なっています。

この他に、海外渡航券、海外留学保険、(国により、ビザ)が、別途必要です。

海外渡航費用については、閑散期やLCCを上手に利用して、抑えられますし、ビザについては、不要な国を選択すれば、費用を抑えられます。

観光で 訪れても楽しめますが、何か目的があると、更に充実した滞在になるでしょう。

スマ留を主催しているベンチャー企業(リアブロード社)ですが、2014年の設立以来、急拡大を遂げており、資本金も1億円超ですので、IPO(Initial Public Offering)、つまり、株式上場を目指しているはずです。

こうした企業の場合、大企業に比べて、粗利益を削って回転率を上げてサービス提供していることが多いため、消費者の立場からは、お得な価格設定となっていることが多いと言えます。

短期とは言え、留学に行くのであれば、ネイティブ・スピーカーに習いたいという方には、有益なサービスだと思います。

それでは、皆さん、よい留学を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました