フォニックス 3歳からの英会話

子供英語
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、フォニックスについて、考察します。

フォニックス(Phonics)とは

アルファベットの読み方と、単語の中での読み方を同時に 学ぶ方法をフォニックスと呼称します。

発音と、英単語のつづりには、一定の法則があるので、それを幼少期に学ぶことで、正しい発音が身に付くと同時に、知らない単語に出遭っても、読み方を類推できるようになるのです。

ネイティブ(英語を母国語とする人々)の国では、小学校に上がる前後に、フォニックスを習います。

しかしながら、わが国では、フォニックスは英語教育に取り入れられていません。

その代わりに、小学校で「ローマ字」を習うため、日本語の母音を強調した「ローマ字」読みになってしまう傾向が強いように思います。

その結果、日本語訛りが顕著になっているのかもしれません。

フォニックスの具体例

フォニックスの訓練では、アルファベット26文字を覚えるのに、その文字の名前と、読み方の代表例、そして、その文字を用いた単語を連続して、発音します。

例えば、”A” “a” であれば、以下の様に言うのです。

「エイ、ア、 アリゲータ」

/ei/ /ǽ/ /ǽligèitər/

大文字Aおよび小文字aは、「エイ」つまり/ei/という名前の文字だけれども、単語の中では、「ア」つまり/ǽ/と発音しなければならない。ということを、最初に習うのです。

その上で、例としてAを用いた単語「アリゲータ(ワニ)」つまり/ǽligèitər/まで、一気に言って暗記するのです。

これを26文字 それぞれについて、繰り返し言うことで、簡単に暗記してしまい、「正確な発音」と、「つづりと発音の法則」を身に付けるのです。

日本の英語教育では、Aを「エイ」と読むことは習うのですが、「ア」すなわち/ǽ/と発音するという部分を習いません。「ローマ字」読みの「ア」は /a/の音なので、むしろ アメリカ英語の”O”の音に近くなります。

文字で説明すると、複雑ですが、実際にやってみると、簡単です。

特に、子供たちは「歌」や「チャンツ(一定のリズムで繰り返す歌)」が大好きなので、歌を歌う感覚で、覚えていきます。

幼児教育での発音

個人的には、ネイティブ発音を身に付ける「臨界期」があるとは、考えていません。

12歳を過ぎると、英語耳を作ることは、できない等の「都市伝説」的な話を聞きますが、明確な根拠のある話ではありません。あくまで、「仮説」です。

臨界期と呼称される一定年齢を過ぎると、母国語としての言語習得が不可能になるという「臨界期仮説」が、一人歩きして、さも、「臨界期」が存在するかのように煽り、英語の幼児教育を急がせるプロモーションに悪用されているように感じます。

「臨界期仮説」は、「証明」された「事実」ではありませんし、経験的に、20歳を過ぎてから、母国語並みに、第二言語を習得する人々を見てきました。但し、相当の時間を費やします。

それと同時に、幼少期から「英語学習」を開始することで、母国語並みに、第二言語を獲得しているケースも、多く目にするため、幼少期から、英語学習を始めることは、効果的だとも思っています。

但し、「正しい方法で」という、但書がつきます。

ハッチリンクジュニア

ハッチリンクジュニアは、対象年齢を、3~18歳の子供に絞り、フォニックスを始はじめとした、英語の英才教育を行っています。

講師は、第二言語として英語をマスターしているフィリピン人です。

フィリピン人の母国語は、地域により異なりますが、「タガログ」「セブワノ」および「ビサヤ」等が有名です。

英語とは別の母国語がありながら、彼女たちは、幼少期から「英語」で、「数学」や「理科」といった教科を学んできました。

英語を教科として学ぶだけでなく、英語で学んできた国民です。

もちろん、フォニックスを用いた教育も受けています。

われわれ日本人が目指す「グローバル化」や「英語力強化」の先進国と言っていいでしょう。

幼少期から、彼女たちに学ぶことで、第二言語としての英語を、母国語並みにマスターできるということを実体験できると思います。

日本の教育に合わせて、「英検」対策も行っており、幼児教育に必要なツールは、一通り揃えている印象です。

無料体験レッスンを受けてみては、いかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました