【必見!】わが子の英才教育(英語編)

genius-education 子供英語
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

可愛いわが子を、バイリンガルに育てたい親御さんに朗報です。

バイリンガル幼稚園~インターナショナル・スクール

ご両親のうち、どちらかが英語を話す家庭環境であれば、外部の教育機関を利用しなくても、子供を、バイリンガルに育てることが可能でしょう。

もちろん、放っておいてもバイリンガルになる訳ではありません。

その一方で、両親とも、英語を話さない ごく一般的な家庭の場合、やはり、プロに任せるのが一番です。

しかしながら、バイリンガル幼稚園の学費は、月額10万円前後です。

それに続く、小・中・高校もインターナショナル・スクールに通わせるとなると、これも年間100万円以上の学費を必要とします。

それにもかかわらず、日本の文科省の規定を満たさないスクールが多く、卒業しても、日本の大学受験資格を得られないケースは、少なくありません。

それならば、英米の大学へ進学すればいいということになるかもしれません。

しかしながら、ここにも、障壁があり、米国の場合、米国国籍がなければ、米国の大学を卒業しても就職が難しいという現実が待っています。

反対に、日本に生活拠点を置く場合には、インター出身者は、日本語レベルが稚拙で、国内就職先が制約される虞(おそれ)もあります。

従前、子供のバイリンガル教育を徹底的に行うことには、リスクがありました。

オンライン英会話スクールの登場

理想論としては、英語と日本語とをバランス良く学び、両言語をマスターさせたいのですが、現実には難しいでしょう。

どうしても、どちらか得意な方が出てきます。

最終的に、得意な言語を、日本語に戻しておくことが、現在の日本を取り巻く環境を勘案すると望ましいように感じます。

というのも、日本に拠点を置く場合、日本語を母国語レベルで話せないと、スタート地点にすら立てないため、英語を話せるというアドバンテージが活かしにくくなるのです。

それでは、米国を拠点とすれば問題ないのかと言えば、国籍の問題から、米国の大学を卒業しても、制約を受けることになり、やはり、待遇面で望ましくなくなってしまいます。

得意な言語は、日本語と英語のどちらに触れている時間が長いか、また、どちらの言語で、主に、教育を受けているかに依って、決まります。

インターナショナル・スクールに通うと、圧倒的に、英語に触れる時間が長いため、両言語のレベルを比較すると、日本語レベルが低くなる傾向が見て取れます。

この時間調整を、オンライン英会話スクールが解決してくれます。

日本の小学校に通いながら、塾に行くような感覚で、毎日、オンライン英会話スクールを受講している子供たちがいます。

彼ら(彼女ら)は、既に、英語で意思疎通を図ることに、何ら、問題が無いレベルです。

会話が成立しない場合、それは、英語の問題ではなく、子供には、内容が難しすぎる場合です。

彼ら(彼女ら)は、日本人講師の私のクラスにも来ますが、それは、オプションの一環で、主に、外国人講師達から、直接英語で、日本文化、環境問題、更には、政治経済を学んでいます。「英語を学ぶ」という段階を、既に、終えて、「英語で学ぶ」段階に入っているのです。

それでも、補足的な説明が必要なので、時折、日本人講師のクラスを受講します。

日本語での補講を受ける訳ですが、メインは英語で、レッスンを受けている状態です。

英語のレッスンを受けているのではなく、英語でレッスンを受けているのです。

これが、現在の日本で、進行中の英才教育です。

インターナショナル・スクールに比べて、安価なオンライン英会話スクールであれば、学費を気にする必要はなく、日本語も、ネイティブ・レベルをキープできるので、今や、英語学習の機会は万人に平等です。

わたしの時代は、英語を学ぶには、海外留学することが一般的でしたが、時間と費用をかけて、他のことを犠牲にして、渡米する必要がありました。

それが、現在では、誰でも簡単に、今日から、直ぐに英語を学べるのです。

10年後には、英語を話す日本人の人口は、爆発的に増えると予想しています。

ネイティブ・キャンプの家族会員(ファミリープラン)

ネイティブ・キャンプであれば、ご家族のうち、一人が、正規会員登録(月額¥6,480)すれば、ご家族のメンバーは、ファミリープランを利用して、月額¥1,980で、全てのコンテンツを利用できます。もちろん、オンライン英会話を24時間365日、受講可能です。

月額10万円のバイリンガル幼稚園や、将来リスクを伴うインターナショナル・スクールへ通わせるより、ロー・リスク、ハイ・リターンな選択だと、思います。

合わないようであれば、別のオンライン英会話スクールも試してみたり、時期をずらしてみたりして、子供の成長過程やタイミングに合わせていけばいいのではないかと思います。

いい時代になったと思う反面、英語を話せないと取り残される時代が、すぐ目の前まで来ていると危惧もしています。

NC(Native Camp)なら、1週間無料体験

DMM英会話なら、2回無料体験

ビジネス英語なら、Bizメイト

ネイティブ講師なら、Cambly

カラン・レッスンなら、QQイングリッシュ

外資系転職なら、en world

管理職の転職なら、MS-JAPAN

a

広範囲の転職情報を網羅DODA

コメント

タイトルとURLをコピーしました