となりの英会話 担任制

英会話スクール
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

今夜は、予約していた生徒さんがドタキャンしてしまったので、生徒心理を考察してみたいと思います。

レギュラー生徒

われわれ講師は、いつも決まった時間帯に予約して下さる生徒さんのことを、親愛の念を込めてレギュラー生徒と呼称しています(ごくごく仲間内のハナシですが)。

レギュラー生徒は、何人もの講師を渡り歩いたベテランが多く、最終的に自分と相性の良い講師をみつけて、定期的にレッスンを受講します。

ここまで、たどり着いた方は、構えることなく、気楽に毎日 英語を学ぶことができるため、実力がメキメキついていきます。

レッスンを受けるぞ!と、構える感じではなく、友達と おしゃべりを楽しむ フィーリングです。

もちろん、用事があればキャンセルもしますが、また、翌日 レッスンに現れます。

「毎日継続する」という基本が できているため、長期的には、試験にも合格しますし、英会話も上達します。

はじめてのレッスン

その一方で、初めて その講師のレッスンを受講する方の心理はどうでしょうか。

誰でも、初めてお会いする方とは、多かれ少なかれ、緊張するでしょう。

経験的に、初めて予約して下さった方のキャンセル率は、レギュラー生徒より高くなります。

感覚値で約3倍です。

本日も、1コマの初回予約が、キャンセルされました。

それも、レッスン開始1分前に…。

直前まで、相当、迷われたのではないかと察します。

直前キャンセルは、予約金が全額没収されてしまいます。

こうした方が、再度、予約してくださる確率は、経験的に、ほぼゼロです。

ヒトは、小さな成功体験によって、次の一歩を踏み出せますので、ささいな事でも、失敗してしまうと、自信を失い、先に進むことが難しくなってしまうのです。

「私の英語力では、次の英語面接は無理だと言われてしまうのではないか?」

「こんな英語力では、恥ずかしい。」

レッスンをキャンセルしてしまうと、小さな失敗と捉えてしまう虞(おそれ)が あります。

そんな思いがあることが多いのかもしれませんが、講師も所詮、タダの人ですので、今、多少 英語を話せるだけで、最初から話せた人はいませんし、初心を忘れてはおらず、その生徒のステージを勘案して、レッスンを進めるので、心配する必要など 無いのです。

わたしのクラスにも、米国育ちの方々や、バイリンガルYoutuberが訪れて、私より、数段流暢な英語で話されます。

私にとっても、学びが多く、かつ、生徒さんにとっても、記事の背景説明であったり、文法解説であったり と、相互にとって、有益な時間です。

英会話レッスンの目的は、優劣を競うものではないのです。

自らの、英語力を向上させることが目的です。

しかしながら、わかっていても、なかなか難しいのが現実でしょう。

固定時間でのレッスン

自分に合った講師に出逢うまでは、ノマドのように、彷徨(さまよ)います。

それを、半強制的にレギュラー化してしまう方式が固定時間レッスン制です。

毎日、顔を合わせていると、自然と親近感を覚えると同時に、信頼感が増します。

「となりの英会話」では、固定時間レッスンにより、キャンセル率の抑制に成功しています。

これは、私の経験からも、納得できる事象です。

平日5レッスン、休日10レッスンを、どの講師でも緊張せずに取れるのであれば、月額\6,480という価格破壊のネイティブキャンプが、合っているでしょう。

しかし、日本人気質には、あまり合わないのかもしれません。

半ば強引に、時間を決めて、担任の講師を決めて、レッスンを受講する。

これが、習慣化すると、その先は、随分 ラクになるでしょう。

その一歩として、固定時間レッスンの「となりの英会話」を試してみる価値はあります。

いずれにせよ、自分に合う勉強方法やスクールに出逢うまで、根気よく、探してみることが大切です。

苦行は、長くは続きませんから。

語学習得するためには、毎日継続することが重要ですので、長く続けられないのであれば、達成不可能です。

自分にとって、たのしい やり方を、見つけてください。

その過程も、また、たのしいものです。

気楽に、いくつかの無料体験レッスンを 試しながら、自分に合った環境を探してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました