ネイティブキャンプのおすすめ英検講師

英会話講師
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

英検も終わり、受検された方は、次の目標に向けて、新たな スタートを切られていることと思います。

本日は、ネイティブキャンプの英検講師を取り上げます。

面接官 経験者

ネイティブキャンプには、英検の面接官を経験されている日本人講師が複数居られます。

実質、旺文社が行う英検の面接は、事前ミーティングにて、その詳細を外部に漏洩してはならないと釘を刺されるため、細かい内容を話してはくれませんが、概略と的確な対策を伝授してくれます。

但し、教え方が、合う or 合わない という問題は、あります。

フィーリングが合えば、どんどん予約してみてください。

ネイティブキャンプのウリは、予約無し(追加料金無し)で、無制限に受講できる点ですが、英検面接レッスンに関しては、今のところ、予約(日本人講師1コマ¥800)が必要です。

将来的に、予約不要のコースも新設するとの噂もありますが、未定です。

Toru講師

英検1級合格11回を誇る、元中学教諭のトオル先生は、2級、準2級および3級の面接官経験者です。英検のTips(コツ)もさることながら、語彙の成り立ちから、覚え方まで、多岐にわたるレクチャーを してくれます。

教え方が上手な先生(元中学の英語教員ですので、プロ)ですので、試験向けには、一押しの先生です。

時折、学生時代の講義を思い出してしまい、トラウマになってしまう生徒さんもおられますので、これが、先程申し上げた「合う」「合わない」の部分です。

万人に合う講師など、いません。

軽妙なトークが得意な講師を 好きな生徒もいれば、軽薄だと毛嫌いする生徒もいるのです。

英検合格を目指せば、Toru先生は、外せない講師でしょう。

Nobu講師

SFC(湘南藤沢キャンパス)で英語講師をしていたノブさんです。

1級の面接官経験者です。

Nobuさんが、1級を受検した頃は、面接者20~30名全員が居合わせた状態で、順番に面接を受けたそうで、帰国子女が多数混じっていて、気圧されたとおっしゃっていました。

面接問題も2択だったため、外すと、終わり、だったようです。

現在は、個別に呼ばれて受検しますので、何十名もの他受験生の前にさらされることもなく、かつ、5択ですので、1問くらいは、自分の得意なトピックが混じっているでしょう。

お歳のため、テキストは全て紙に印刷して、ファイルされています。

NCの教材であっても、画面より、紙に印刷したものを使われます。

このあたりも、「合う」「合わない」があるでしょう。

Ken講師

奥様が外国人のKenさんです。

Kenさんのウリは、面接官経験から、模擬面接クラスにて、点数をつけてくれるところです。

ただし、あくまでイチ試験官の主観ですので、その点数が保証されるわけではありません。

とはいえ、一定の目安には、なるでしょう。

また、ネイティブキャンプの英検教材が、旺文社の古いテキストのため、ここで良いスコアを出しても、本番でどうなるか、疑問です。

ネイティブキャンプには、教材のブラッシュアップを図って欲しいものです。

Mackee講師

マッキー講師は、試験監督経験者ではありませんが、受験テクニックを知悉しており、かつ、研究熱心なため、最新の英検過去問を概観しており、傾向と対策を伝授してくれます。

女性講師ですので、子供受けもよく、女のお子さんの英検受検には、特にオススメです。

試験が終わったら、また、すぐに次の目標に向かって走り出せる人だけが、真の栄光を勝ち取れます。

更に上の級を目指して、頑張ってください!

NCカウンセラーのオススメする英検講師

NCには、カウンセラーがいますが、英検オススメ講師をNCから指定されており、基本的には、それを丸投げ(コピペ)するだけです。時折、カウンセラー自身の主観も入るようですが、公式には、禁止されています。ここで、NCスタッフ及びカウンセラーについて、客観視してみると、両者ともに、英検の素人です。

英語力についても、両者ともに、不十分です。フィリピンのセブ・オフィス・スタッフは、日本の英語教育及び英検について、十分な知識を有していません。

こうした背景から、多くの生徒さん達が、NCカウンセラーの英検オススメ講師リストについて、意味不明とおっしゃるワケです。

こうしたオススメに関するクレームが、時折、わたしの耳に入るため、今回の記事を書きました。

ただし。

この記事は、あくまで、私個人の主観ですので、NC公式のものも、参考にしてみて、「合う」「合わない」をご自分で判断して頂くのがベストです。

また、英検1級/TOEIC(L&R)960ホルダーの勉強法なども、ご参考になさってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました