英検 面接試験

子供英語
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日も、Kidsと英検面接の練習をしてきました。

解答パターン

英検の(準)2級では、Q.1で、与えられた文章を読み、それに関する質問に回答します。

質問のパターンは、大きく分けて2種類。

①Why ~ ? もしくは、 ②How ~ ?

①Why ~ ? に対しては、簡単。

Because で始めて、理由の部分の文章の主語を代名詞(9割方、theyです。)に変えて、あとは、読むだけ。この訓練を繰り返すと、子供たちは、ほぼ100%完璧に答えられるようになります。

②How ~ ? の時は、少し難しく、Byで始めて、主語を省略して、動詞を~ing形にします。

ときどき、動詞をandでつないで2つ目の動詞もあるので、2つ目の動詞も~ing形にすることを、忘れずに!

成功体験

他にも、細かいTipsは、あるのですが、それは、レッスンを取ってみて頂ければ、な~んだ、パターンで、簡単に解答できるんだ!と、分かるでしょう。

しかし、そんなTipsより 大切なことがあります。

それは、小さな成功体験を積むことです。

子供は、ひとつ正解できる度、確実にモチベーション・アップします。

その積み重ねが、英検合格に繋がり、更なる、動機付けになります。

こうしたサイクルにハマれば、あとは、放っておいても、勝手に英語を学び続けます。

そうした道筋へ導いてあげることが、一番大切なことだと、考えています。

反対に、間違った成功体験を積めば、不幸な道へ。

例えば、どうしても欲しい「おもちゃ」があって、万引きが成功して、タダで手に入ってしまった場合には、将来、しょぼいコソ泥に なって しまうかもしれません。

英語でなくても良いので、正しい方向へ、導いてあげることが、親の責任ですし、教育者の責任だと思います。

努力が実を結ぶ経験

上述のように、英検2級までは、パターン練習を繰り返すことで、ある程度、合格が狙えます。

実は、準1級までは、パターン練習で いけます。

更には、1級でさえ、パターンはあります。それだけでは、合格できませんが。

「基本を繰り返す」という全ての分野で 有効な手段を、一度、身に付け、成功体験として経験してしまえば、様々な分野に応用できます。

上の世界に行くほど、努力が報われないことも、あるのですが、幼少の頃に、努力が報われる経験をしておくと、自然に努力できる体質になります。

上の世界で、揉まれて、更に強靭な精神力を育んでいけるでしょう。

その一つの例として、キッズ英検は、よい手段だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました