リスニング力の強化

発音
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、中級者の悩み「リスニング」に関して、考察します。

文字を見れば、簡単。

英語学習の中級者くらいが、直面する壁として、ヒアリングが挙げられるでしょう。

速過ぎて、何を言っているのか、聞き取れない。

スクリプト(文字)を見れば、「な~んだ、簡単。」

こんな経験は、ありませんか?

実は、速過ぎて聞き取れないのではなく、英語話者が、ひとつひとつの単語を、日本人が習った通りに発音していないから、聞き取れないのです。

例えば、Frist of all は、ファースト・オブ・オールとは、発音されません。

カタカナで表記すると、おおよそ、ファスタボー といった感じになります。

このように、文章になると、個々の単語の発音が変わってしまう現象を「音声変化」と呼称します。

音声変化のルール

①子音で終わる単語と子音で始まる単語が連続すると、先の子音が脱落する。

I didn’t call you.   電話しなかったよ。

の didn’t call では、’t が発音されず、ディドゥン・コールとなります。

t の音は、held t とも呼ばれ、舌を上歯茎につけて t の発音をする直前の状態までいくものの、息を出さずに止めます。文字で書くと難しく感じますが、スクリプト(字幕)を見ながら 聴くと、簡単に理解できます。

get money お金を稼ぐ も、「ゲッ・マニィ」のように、t の音が脱落します。

② and の dの音は、発音されないことが多い。

A and B は、エイ・アン・ビィ となります。

andの後に、母音が来ると、nとくっついて、ナニヌネノの音になります。

例えば、and I は、アナイというように。

練習方法

音声変化のルールは、数多くありますので、全てについては触れませんが、自分でも、同じように発音することで、聞き取れるようになります。

教材として、字幕のついた映画やTVドラマのワン・シーンを用いると いいでしょう。

映画全編は、避けた方が無難です。

長過ぎます。

好きなジャンルの作品を5分ほど切り出して、繰り返し、真似してみると いいでしょう。

別の作品で、同じ表現が出てきても…、あら不思議、聞き取れるようになっています。

こうした、地道な訓練の積み重ねによって、リスニング能力を向上させるしかないため、興味深い作品を選ぶことが、成功への道と なるでしょう。

EE video

EE videoは、映画、アニメ、旅行、宇宙、科学、ビジネス、教育…etc. と、さまざまな分野の作品を字幕付きで観られるサービスです。

興味深い分野を選べば、「勉強する」という感覚ではなく、無理なく続けられると思います。

英語学習の中級者で、壁にぶつかっている と感じたら、一度、試してみることを お勧めします。

人気アニメ「進撃の巨人」の英語吹替版が追加されました!(2021.10)

コメント

タイトルとURLをコピーしました