転職とTOEIC

英会話

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

今日は、転職とTOEICの関係について考察します。

TOEICの威力

個人的には、TOEICの点数が高いからと言って、英語を話せるとは思いません。

TOEIC500点台でも、ビジネスレベルで英語を使いこなす方を目にしますし、800点台でも、頑張ってスコアだけ取ったのだろうと見て取れるケース、すなわち、満足に話せないケースも多いのが実情です。

しかしながら、転職市場において、TOEICの威力は凄まじく、TOEICのハイスコアさえ取得していれば、英語がペラペラな人、という認識になることが多いのです。

TOEICのスコアは、転職時に履歴書に記載しますし、記載がない場合は職種にも依りますが、大抵は面接時に口頭質問されます。

特に、英語を話せない面接官は、他に判断材料や英語能力を図る知識が無いため、TOEICのスコアに全面的に依存することになります。

英語能力を図る試験として世界的に評価の高いIELTSについては、その存在さえ、ほとんどの面接官は知らないのが実情です。

そうした日本の転職市場の実情を勘案すると、転職時に、英語を使う職種の場合、TOEICのハイスコアを取得しておくことは、大きなアドバンテージになります。

一部の外資系企業や有名商社等を除き、多くの企業には、英語面接をできる人材がいません。

社内に英会話のできる人材が不足してるから こそ、中途採用するのです。

また、経験上、社内育成は 難しいと思います。

個人的な経験ですが、会社が、英語を話せない従業員を 一年間の米国 語学留学へ出したところ、たどたどしい 簡単な日常会話ができるようになって帰ってきたのを目の当たりにしたことがあります。

思いつきで実行した語学留学プロジェクト自体に無理がありましたし、その人材を選抜した会社にも、問題はありますが、留学なんてものは人によるので、そんなものだろう とも、思いました。留学すれば、英語を話せるようになって帰ってくるというのは、幻想です。留学中の過ごし方次第です。

他にも、英会話講師を招いて社内研修として、英語学習をさせたり、オンライン英会話を法人契約して学ばせたりと、企業側が強制したところで、やらされている感 満載の従業員達は、取り敢えず、こなしてさえいれば、同じ給料は貰える という 悪い意味での会社員根性が出ていたように思います。

英会話講師をしていても、異様にモチベーションの低い生徒だな と感じて確認すると、法人契約のケースがあります。会社から強制されて、仕方なくレッスンを受けているのです。

結局、本人の意思で英語に取り組まなければ、話せるようにはなりません。

転職市場のニーズ

英語で意思疎通のできる人材確保は、海外 現地法人を擁する企業にとっては、重要課題です。

海外現法で、何が起こっているのかについて、現地の日本人に確認することになりますが、そこには、当該 日本人のフィルターが入ります。現地法人の代表(社長)であれば、本社に、都合の悪いことを伝えたくはありません。不正を働いていることさえ、珍しくはないのです。

本社から、現地スタッフと密に、電話/電子メール/リモート会議 等で直接英語でコミュニケーションを取っている場合、そうした問題に迅速に対処できるため、英語を話せる人材の有無は、会社の業績およびガバナンスの両面から重要になります。

こうしたニーズを満たした人材を社内育成できない以上、中途採用を試みることになります。

英語を話せる新卒を採用できるのは、一部の有名商社や外資系企業に限られます。

社内に英語を話せる人材(面接官)がいない以上、日本と韓国でのみ メジャーなTOEICのスコアに全面的に依拠することになります。

TOEIC800点台、可能であれば、900点台を目指してください。

大丈夫。TOEICは、何度でも受検できますし、クセを掴めば、ゲーム感覚でスコア・アップします。

転職後の戦略

TOEICは、英語を話す環境への パスポートです。

ハイスコアを実現しただけでは、十分なコミュニケーションを図れないかもしれませんが、英語を話せる人材というレッテルを貼られて、英語を使う部署へ配属されてしまえば、毎日実務で英語を使うことになります。業務時間中に 英語学習をしているのと 同じ状況です。嫌でも、毎日継続的に行います。1年もすれば、本当に、英語を使いこなせるように なるでしょう。

そんな おいしいTOEICのハイスコアを目指さない手はないと思います。

リクルートのアプリ「スタサプ」と大手英会話スクールのネイティブキャンプが、今春 提携し、TOEICのスコアアップを全面的に支援します。割引等、上手に活用すれば、実質 月額¥4,980 とリーズナブルな価格設定です。

TOEICのスコアアップは、もちろん、ネイティブキャンプの方では、24時間365日 英会話を実践できるので、英会話力も向上します。

ネイティブキャンプでアクセスできる教材は、TOEIC教材に限られますが、大抵の講師は、脱線して、フリートークに移行してしまっても問題ありません。学習の流れの中で、細かい説明をしているうちに、フリートークに移行してしまうことは、多々あります。特に、フィリピン人講師の場合、陽気で話し好きの方が多く、喜んでフリートークに付き合ってくれるでしょう。

TOEIC学習をしながら、真の英会話力も磨かれますので、転職後、本当に英語ペラペラな状態で入社できるでしょう。

スタサプで、充実したTOEIC学習を楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました