ネイティブキャンプ講師列伝⑧ Huazheng (ワジン)講師

英会話講師
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、ベテラン フィリピン人講師の紹介です。

Huazheng ワジン講師

最初は、どう読んでよいのか わからない名前です。

Huazhengと書いて、「ワジン」と読みます。

ワの前に、小さなフがある感じです。

既に、25,000回以上のレッスンをこなし、そのうち8,700回以上が予約レッスンです。

予約レッスンのほとんどは、カラン・レッスンです。

そのうち、約100回が私の予約です。

私自身も、約1,000回のカラン・レッスンを受講しましたが、ワジン講師のカランは絶品です。

callan-teacher-huazheng-working

QQイングリッシュ育ち

ワジンは、QQイングリッシュ出身です。

現在は、ネイティブキャンプを代表するカラン講師ですが、元々はQQで薫陶を受けています。

だから、カラン・レッスンが上手なのです。

本来のカラン・レッスンは、考える暇もない程、早口でまくしたてますが、そうしてしまうと、聞き取れない生徒が、講師に対して★2つ等の低評価を つけてしまいます。

低評価になると、講師は、サドン・レッスンの待ち時間が長くなり、生徒が入室して来ないため、生活に支障を来たします。

そのため、本来のカラン・レッスンからは、外れますが、仕方なく、ゆっくり口調でカラン・レッスンをする講師が多いのです。

これでは、カラン・レッスンの効果は半減します。

ネイティブキャンプのシステムの問題であり、生徒に、カラン・レッスンがどのようなものか周知していないことが問題です。

反対に、カラン・レッスンをさせてよいレベルにないと思われる講師まで、駆り出しており、半額にしてOJTで鍛えるという暴挙に出ています。

この辺りは、生徒側も、納得して予約するので、市場メカニズムが働いている と言えば、聞こえが いいのでしょうか。

なので、カラン・レッスンをメインで受講する場合、個人的には、選択眼がないうちは、QQイングリッシュを推奨しています。

自ら、選別できるようになれば、ネイティブキャンプのカラン・レッスンで問題ありません。

それでも、選別中は、かなり酷い講師に当たるとは、思います。

それが、当たり前と思わないでください。

カラン・レッスンは、もっと、洗練されています。

ワジンのカラン

ワジンのカランは、一級品です。

ただし、ホンモノであるが故に、中級者以上でないと、全く、レッスンにならないかもしれません。

また、ワジンのクセで、時折、早口で個人的な感想を挟みます。

これが、聞き取れるようになれば、上級者の仲間入りです。

但し、これは、彼女の悪い癖ですので、聞き取らなくていいです。

callan-teacher-huazheng-with-friends

ワジンが習ったイギリス人のカラン・トレーナーは、厳しかったらしく、彼女は、発音について、相当怒られまくり、修正されまくったといいます。

実際、フィリピン訛りは、アメリカ寄りなので、ブリティッシュ英語たるカランとは、馴染みません。

カラン講師になるには、発音矯正が必要です。

しかし、発音矯正せずに、カラン講師になっている人が多いのが 現実です。

個人的には、英国発音に こだわらないので、問題ないのですが、英国発音を習いたい方は注意が必要です。

目的に応じて、カラン・レッスンを取ってみてください。

正規のカラン・レッスンをご希望でしたら、ワジン講師が お勧めです。

ワジン講師も在籍するネイティブキャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました