英語で、あそぼ。 ~題名の由来~

英会話
この記事は約6分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日は、このブログの題名「英語で、あそぼ。」の由来についてお話します。

葉玉匡美 先生

私が影響を受けた人物の一人、「葉玉匡美」さんの15年前のブログ「会社法であそぼ。」をオマージュしました。

その結果、NHK教育番組の「えいごであそぼ」と被ってしまい、SEO的に不利なので、変えようか迷っています。自宅にTVがないため、NHKの番組名など、知りませんでした。

葉玉先生は、東大在学中に司法試験に合格し、某予備校で、司法試験合格者を量産した後、法務省民事局にて、商法の大改正に携わり、2006年に施行された会社法を起草したうちの一人です。

当時、わたしも含め、法務に携わっていた実務担当者たちは、新会社法への対応に苦慮しており、法解釈に悪戦苦闘していました。条文の解釈を誤ると、会社に大損害を与えてしまうからです。そんな中、会社法を書いている本人が、ブログを立ち上げて、立法趣旨から、やさしく解説してくれたのですから、毎日、貪るように読んでいました。

自分でブログを起ち上げる際、「英語で、あそぼ。」というフレーズが、自然に湧き出てきたのは、そうした遠い記憶があったからだと思います。

オリジナルの「会社法であそぼ。」は、今でも、ネット上に残っています。

この「会社法であそぼ。」は、2006年9月に引越をしています。

会社法であそぼ。

ライブドアから、ココログへ。

葉玉さんは、引っ越した翌月の2006年10月から、法務省民事局から、東京地検特捜部へ異動しました。

元々、法務省民事局付検事だったので、プロパーの検事に戻ったのです。

なぜ、ライブドア・ブログを辞めたのか。

ライブドア社長 ホリエモンと対峙するためです。

そこまで、ナーバスになる必要もないのですが、ライブドア・ブログを利用していることで、客観性・独立性に疑義を抱かせてしまうことを嫌ったようです。

ホリエモンは、2006年1月に逮捕されており、同年9月に初公判が開かれています。

パレートの法則

経済学を学ぶと、パレートの法則を目にするはずです。

未だに、シンプルなマクロ経済学を齧(かじ)って、経済学専攻です等と恥ずかし気もなく言う方も多いのですが、現代経済学は、マクロ的視点もミクロ経済学的な見方をします。

(いや、わたしは、ばりばりのマル経だという方は、斜め上を行っています。)

ともあれ、(頭の中、お花畑と言われようとも)パレート最適が世界平和をもたらすことは、言うまでもありません。

パレートの法則を、応用した考え方として、「20%の努力で、80%の成果を得られる」というものがあります。

個人的には、この考え方に、賛成です。

ネイティブキャンプのマッキー講師が、ビリギャルを評して、偏差値30から70まで上げるのなんて、簡単なこと。その先、70を80に上げるのが、本当に大変。という趣旨にことをインスタに書いていましたが、その通りだと思います。

20%の努力で、80%のところまでは、到達できるということです。

80%から100%までの、残り20%の成果を得るために、残り80%の努力を要する。

感覚値として、納得できるところです。

なので、何事も、80%くらいを目指すのが、現実的だと思います。

私のクラスを予約してくる初見の生徒さんの多くが「どのようにして、そんなに色々な事で、同時に成果を上げられるのですか?」と質問されます。

上述のように、20%の努力で、80%の成果を得たら、次の分野へ移行しているからです。

多くの人は、成功体験の罠に嵌(はま)ります。

一つの事に成功すると、とことん、突き詰めてしまうのです。

その先、努力に見合わない成果しか得られないにも拘わらず。

株式市場の実証研究を見るまでもなく、CAPM理論を紐解くまでもなく、ポートフォリオ理論は、あらゆる場面で有効です。

リスク分散が、大切なのです。

英語ができるようになったら、その先、ネイティブと同レベルまで、持って行こうとしてしまうと、他に、もっと大切な知識を習得できません。

バイクをうまく乗りこなせるようになったところで、通常、趣味の域を脱することはありません。

クルマ、格闘技、ゴルフ、サーフィンも同様です。

逆に言うと、趣味と割り切ってしまえば、20%の努力で、かなりイイところまで到達できるのです。

それら、点と点が、線として繋がり、本業となることもあるでしょう。

Steve Jobs 2005年・卒業式スピーチ・日・英語同時字幕

Stay hungry, stay foolish.で、お馴染み、スティーブ・ジョブスの講演を思い出してみてください。

時間という資源を、どのように割り振るかが、重要です。

ひとつ、新しいことを学ぶ時には、何か、ひとつ、捨てる勇気も大切です。

新しいことを始めたからと言って、1日が25時間に伸びて、追加で1時間確保できるわけないのですから、何かを1時間削る必要があるのです。

但し、睡眠時間を削ってはなりません。

効率が低下してしまい、非効率です。

時間の使い方

葉玉さんは、王道的な時間配分方法として、まず、椅子に座って、集中してやらなければならないことの時間を割り出し、その時間を確保することをアドバイスしています。例えば、ナショナル・ジオグラフィックを英文で読むといったことは、隙間時間では難しいので、毎日19時から1時間は机で集中するようにします。反対に、既に覚えている英単語を復習がてら、オーディオで聴くだけであれば、通学・通勤といった移動時間にイヤホンを用いれば可能です。ランチタイムに、サンドイッチを食べながらネイティブキャンプで10分くらいフリートークを楽しむことで、英会話能力のメンテナンスにもなります。

席について勉強する時間を確保したら、後は、細切れにできるものは、1分でも5分でもいいので、細切れにして、24時間の中に突っ込んでしまえばいいのです。

日本人の多くが話せない英語を、話せるようになるには、こうした勉強法が効果的です。

英語だけできても、英語の先生くらいしかできないので、英語と相性の良い、何か、もう一つ、需要のある知識を持つと鉄板です。

パレートの法則に従って、20%の努力で80%の成果を出せば、4割方の努力により、英語が話せるようになるばかりか、専門領域を一つ、持つことができます。その専門領域のことを、日本語はもちろん、英語でも議論できるようになり、活躍できるフィールドは、何倍にも広がります。

経歴だけを見れば、葉玉さんは、スーパーマンのようですが、こうした基本をコツコツ積み上げて成し遂げた凡人のはずです。

ただ、そこまでやり遂げられないのが真の凡人で、積み上げられる人は、違う景色を見ているのだと思います。

葉玉先生をオマージュして、「英語で、あそぼ。」としたものの、真の凡人Travisとしては、SEO対策のため、題名変更も止む無し、と思う今日この頃です。

隙間時間の利用に最適なオンライン英会話「ネイティブキャンプ」

ブリティッシュ・イングリッシュの習得に、毎日1コマのカラン・レッスンを!カランならQQ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました