転職に役立つ 英語

転職
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!

米国公認会計のTravis(トラヴィス)です。

みなさんは、今の職場や仕事に満足されていますか?

転職活動

以前も書きましたが、転職活動 自体には、リスクが ありません。

転職サイトに登録して、転職エージェントとコンタクトを取っても、守秘義務があるため、エージェントから、情報が漏れることは ありません。

今の仕事内容、給与または人間関係に不満がある方は、一度、転職エージェントとコンタクトを取ってみては いかがでしょうか。

現時点で 転職する予定が無い方に とっても、自らの市場価値を確認し、今後 身に付けることで、今の仕事にもプラスになるスキルを洗い出せるので、転職活動には、メリットがあります。

常に、自らの市場価値を意識して 仕事に臨むことで、普段の仕事のクオリティも上がりますし、仕事に対するモチベーションもアップします。

唯一のデメリット的なものは、「時間」を費消することですが、それも、自分の未来を決める大切な「時間」と捉えられれば、転職活動には、メリットしかないと、言うことができるでしょう。

年収UPに つながる スキル

転職エージェントへの登録は無料ですし、転職に成功しても礼金を払う必要はありません。

転職エージェントは、企業に人材を紹介し、その人材が、無事 入社した場合に、企業から成功報酬を受け取るというビジネス・モデルで成り立っています。

一般的に、紹介した人材の年収の20%~30%を受け取ります。

したがって、高所得者を紹介した方が、利益が高くなります。そのため、高年収を期待できる候補者は引く手あまたです。

一点、注意が必要なのは、現職よりも、低い年収の案件を推奨された場合です。

現職の年収が500万円の候補者に、同600万円の案件を紹介するよりも、同400万円の企業を紹介した方が、転職の成功確率は高くなります。

現職の年収500万円から同400万円の案件に転職した場合、次回、転職する場合には、昇給していない限り、この400万円が基準となります。転職先で、ミスマッチとなり、次の転職先を探す状況下では、昇給はしていないことが 多いでしょう。

現職よりも低い年収を、安易に、飲んでしまうと 自らの市場価値を下げる結果になりかねないのです。

さまざまな要因があるため、一概には言えませんが、エージェントのノルマ稼ぎに寄与するためだけの 年収ダウンにつながる 転職は断るべきです。あくまで、転職する本人にとってプラスになる案件に限って、面接まで進むことをオススメします。

そもそも 貴方の価値を正当に評価して、是非 迎え入れたいという企業の場合、現職よりも、報酬を下げる提案はしないでしょう。

そうは言っても、現職で、余程 過小評価されていない限り、他社へ転職しようと試みても、簡単に年収UPは望めないのが、現実でしょう。

例えば、実務経験が長くても、資格が無いと、評価されなかったり、特定のERPシステムの使用経験が求められたり と、思うように評価されないといった経験をするかもしれません。

資格については、取得が簡単で、誰でも取れる資格の場合、評価されず、年収UPに繋がりませんし、難しすぎると、その資格をなかなか取得できません。

そんな中で、コスト・パフォーマンスのいい資格・スキルの一つが「英語」です。

経理と英語、営業と英語、ITと英語、コンサルと英語、保育士と英語…etc.

英語は、汎用性が高く、他のスキルとの相性もいいことが多いのです。

更には、難しすぎず、簡単すぎない。

現状、まだまだ、日本では英語のできる人材が不足しています。

それは、日本の伝統的な英語教育が、英語を話せなくする上に、苦手意識を植え付けるものだったためと考えられます。

乱暴な言い方をすれば、英語なんてものは、正しい方法で、学べば、ただの「おしゃべり」感覚で上達するのです。

但し、それ相応の訓練無しには、上達しません。

繰り返しに なりますが、合理的な事由(じゆう)が無い限り、年収ダウンにつながる転職はすべきではありません。

かといって、年収アップは簡単ではない。

年収アップのために、何らかのスキルが欲しい。

難しすぎると手に入れられないが、簡単すぎると、評価されない。

そんな中、汎用性が高く、正しい方法で学べば誰でも身に付けられるスキルたる「英語」が狙い目です。

全ての職種とは、言えませんが、広い業種・職種において、英語は評価されます。

バイリンガル保育士

近年、待機児童問題が話題となり、保育士の待遇改善が求められています。

本日も、神戸で園長・保育士 7名が一斉退職予定とのニュースが報じられていました。

少子化の日本を支えるインフラたる保育園や幼稚園を取り巻く環境を改善することは、政府および各自治体の役割だと思います。

しかしながら、行政の動きは いつも遅く、それを期待して 待つ ゆとりはないでしょう。

行政に期待せず、自ら切り開いていく中で、インターナショナル幼稚園等は候補に入れて よいかもしれません。

わたしのクラスにも、多数のインターナショナル幼稚園児および同出身 小学生が英語を習いに来ています。

どの子も、生き生きとしています。

保育士という資格に、英語力をプラスすることで、シナジーが生まれるでしょう。

転職時に「英語」というスキルは、武器になります。

保育園・幼稚園を取り巻く環境改善を、強く望みつつ、そこで働く方々の参考になればと思い、記事にしました。

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました