英語を 話せるようになる。

英会話
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

目的別 学習法

皆さんの目標は、何でしょうか?

「TOEICで、高得点を取る。」

「英検●級に、合格する。」

といった目標であれば、そのための方法があります。

試験には、クセがあるので、それぞれの試験対策をすることが有効です。

これらの試験対策は、どちらかというと、学校英語のメソッド に似た手法になります。

「会話する」という要素が、薄いためです。

その一方で、「英語を話せるようになる。」ということが目標の場合、従来の手法では、かなり遠回りになります。

話す = アウトプット練習

「英語を話せるようになりたい」のであれば、「話す」練習をしなければなりません。

「泳げるようになりたい」のであれば、「泳ぐ」練習をしなければならないのと、同じ理屈です。

「水の中」に入らず、泳ぎ方の本を何十冊読んでも、泳ぐ練習をしなければ、泳げるようには、なりません。

取り敢えず、水の中に、入りましょう。そこで、水に浮く感覚を掴んだり、手足を動かすと、前に進むことを実体験しながら、段々と、効率的なフォームにしていけばいいのです。

「水の中」と言いましたが、いきなり 足の着かない、深くて、波の高い 海に 入ると溺れます。

まずは、溺れる心配のない 足が着く深さの プールが いいでしょう。

優れた水泳のコーチが、傍で教えてくれると、更に、効率的に上達するでしょう。

「足の着くプール」が「オンライン英会話スクール」です。

「優れた水泳のコーチ」が「目的と自分に合った講師」です。

最初は、文法なんて、めちゃくちゃ で いいのです。

クラス内であれば、ブロークン・イングリッシュでも、通じれば問題ありません。

ビジネス・シーンで、ブロークン過ぎると、業務に支障が出ますし、取引先や顧客との間で、誤解が生じ、大損害を被る恐れがあります。これは、まだ泳げないのに、足の着かない 高波の海に、飛び込むようなものです。

クラス内は、いわば、足の着くプールです。

ここなら、いくら失敗しても、溺れる心配はありません。コーチが助けてくれます。

インプット = 単語 + 文法

最低限のインプットは、必要です。

英単語を、ひとつも 知らないのでは、アウトプットのしようがありません。

文法については、最初は、無視してもよいでしょう。しかし、後々 文法知識も必要になります。

日本の英語教育に毒されたためか、もっと、インプットしないと、英語を話せるようには ならないだろうと勘違いしてる方を多く見かけます。6~10年間も、インプット重視の勉強をしてきた結果、現時点で、英語を話せないという事実が、その学習方法では、英語を話せるようには ならないということを 証明しているのに、まだ、インプットを続ける方が散見されます。

まとめ

英語を話せるようになりたいのであれば、アウトプット重視の学習に切り替えることが重要です。

資格試験に合格したいのであれば、試験のクセを知り、試験対策をすることが有効です。これは、日本の英語教育の延長線上にある勉強方法で、達成できます。

また別の機会に、アウトプット重視の具体的な学習方法について、お伝えします。

それでは、また!

NC(Native Camp)なら、1週間無料体験

DMM英会話なら、2回無料体験

ビジネス英語なら、Bizメイト

ネイティブ講師なら、Cambly

カラン・レッスンなら、QQイングリッシュ

外資系転職なら、en world

管理職の転職なら、MS-JAPAN

コメント

タイトルとURLをコピーしました