英検の世界

英検
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

本日も、英検の二次模擬面接をしてきました。

素直な世界

英検の作る世界は、綺麗で、真っ直ぐな世界です。

歪んだ人や、困った人は出てきません。

ある意味、理想的な世界だと思います。

TOEICでも、そうですね。

現実社会には、魑魅魍魎がうごめいているので、英検やTOEICの綺麗な世界が羨ましく思えてきます。

英検の頻出トピック

本日の生徒達もKidsでした。

うち、一人は準1級受験生です。

いつもながら、苦労するのは、英語力ではなく、大人の一般常識です。

大人の一般常識は、子供にとって、「?」です。

そこで、合格のためには、有無を言わさず、「環境問題」「国際化」「教育問題」などについて、覚えてもらいます。

理想の世界ですので、シンプルに覚えればいいのです。

現実の環境問題は、フェイクも混じっていて、環境問題のふりをした金儲け主義ビジネスの方が多いのですが、英検の世界では、そんなことはありません。

一人一人の努力で、環境破壊を止められますし、公害問題にも、立ち向かうべきです。

優秀な外国人労働者を雇い、日本が国際化するためには、日本企業も、英語を社内公用語化すると、よいでしょう。

現実には、不法滞在の外国人が、犯罪まがいの詐欺行為をしていたり、逆に、悪徳経営者に強制労働を強いられたりしています。

外国人労働者の研修制度を悪用した悪徳ブローカー達も、見てきましたが、●吐が出ます。その一方で、研修生たちも、一筋縄では行かず、逃げます。不法滞在の温床にもなり得ます。

そういった、大人の事情など、知らない方がいいのです。

子供たちは、まずは、英検やTOEICの綺麗な理想郷で、すくすくと、育って欲しいと願います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました