カランとQQとブリティッシュ・イングリッシュ

カラン
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!

英会話講師のTravis(トラヴィス)です。

最近、ブリティッシュ・イングリッシュに憧れる生徒さんが、多いので、本日は、イギリス英語について考察します。

大英帝国

歴史を概観すると、世界の覇権争いの勝者は、ざっくりと、ポルトガル=>スペイン=>イギリス=>アメリカといったところでしょうか。(当初は、軍事力で世界を支配し、近代になるにつれ、経済力で支配するように、支配形態は、変遷してきています。)

その中でも、イギリスは17世紀~19世紀にかけて、長期に渡り、世界の覇権争いに加わり、文字通り世界征服を成し遂げたといっても過言ではないでしょう。

20世紀に入り、ヨーロッパ各国(主に、イギリス)からの移民が建国したアメリカ合衆国が覇権を握りましたが、アメリカも、元宗主国のイギリスを、邪けんにできず、目の上のタンコブ的扱いをしていたように感じます。

もともと、イギリスからの移民たちがアメリカ合衆国を建国しているので、アメリカ英語といっても、オリジナルはイギリス英語です。

同様に、オーストラリアもイギリスの植民地で、罪人(といっても主に政治犯など)を島流しにしており、オーストラリア英語といっても、やはり、オリジナルはイギリス英語です。

お隣のニュージーランドは、羊で有名。

人口が少なく、ニュージーランド英語は、オーストラリア英語と非常に近いものです。

インドは、イギリスが東インド会社を設立して、支配していましたし、南アフリカ共和国は、極端な差別政策「アパルトヘイト」で、完全植民地支配下に置いていました。現在なら、レイシスト問題で世論から激しいバッシングを受ける状態です。また、1997年に、中国へ返還したものの、もともとは、香港も、実質的に植民地支配していました。

大英帝国は、20世紀以降、地図上では島国のように見えますが、19世紀半頃までは、文字通り世界征服をしていた一大帝国だったのです。

オリジナル英語

そうした歴史的背景から、かつてのイギリス支配下の国々の英語よりも、オリジナルであるイギリス英語の方が、生徒さん達の目には、高尚に映るのかもしれません。

そもそも、「英語」という日本語にしてみても、英国の言葉、つまり「イギリスの言葉」という意味であり、決して「米語」ではありません。

アメリカ英語というのは、いわば、「アメリカ訛りのイギリスの言葉」ということになります。

世界共通語としての英語

しかしながら、現在では、母国語とは別に、コミュニケーション・ツールとして英語を話す人達が増えてきており、どこの国の言葉かということは、さして重要ではないように思われます。

シンガポール英語は、独自の進化を遂げて、もはや、別の言語とも言える「シングリッシュ」と化していますし、マレーシア人たちも、自分たちの英語を「マングリッシュ」と言っています。

コミュニケーションを取ることを目的とすれば、どこのアクセントかは、さして問題ではなく、通じるレベルの発音や言い回しであれば、良いという事になります。

ただ、何でもいいよ、となると、反(かえ)って困るため、ある程度の方針として、イギリス英語を学ぶ方がいいのか?アメリカ英語を学ぶメリットはあるのか?という疑問は沸くでしょう。

結論として、アメリカ英語を学ぶことをお勧めします。

最初に言及した通り、世界の覇権争いの勝者は、ポルトガル=>スペイン=>イギリス=>アメリカとなっており、現時点で、アメリカ合衆国を無視することはできません。

かたや、イギリスのGDPは世界6位に留まっており、1位のアメリカからは、大きく水をあけられています。イギリスは、いわば、過去の国です。

政治・経済・文化等、21世紀になっても、まだ、アメリカの影響力は絶大と言わざるを得ません。

そうなれば、その国の言葉を標準とすることが自然であり、われわれ日本人が第二言語として習うのであれば、アメリカ英語の役立つ場面が、最も多いと考えられます。

首都・東京 と 古都・京都

例えるなら、現在の日本語の標準語は東京弁であり、千年前の標準語が京都弁ということに似ています。(現在の京都弁が、千年前の日本語とは別物ということは、無視してください。あくまで、「例え」です。)

ある国から、日本語の通訳になるために、日本に来た留学生が、わざわざ、京都弁を習って帰国するよりも、素直に東京弁を学んで帰国した方が、役に立つ場面が多いと考えられます。

つまり、われわれ日本人が、わざわざイギリス英語を学ぶより、素直にアメリカ英語を学んだ方が無難だと思うのです。

カラン・レッスン

それでも、イギリス英語を学びたいというのであれば、カラン・レッスンがお勧めです。

英語をビジネスでも使うけれど、イギリス英語でカッコよく話したいというのであれば、イギリスの英語教師カラン氏が発案したカラン・メソッドで学ぶことが効果的です。

カラン・レッスンで、イギリス発音かつイギリス英語表現が身に付きます。

QQイングリッシュなら、「カラン正式認定校」として、講師のトレーニングも十分です。

結局、話したい言葉を習う方が、モチベーション・アップにつながります。

継続的な学習が、英語を学ぶ上で、重要ですので、興味のある分野を学んだ方がいいでしょう。

イギリス英語に興味のある方は、QQイングリッシュで、カラン・レッスンを体験してみることも一案です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました